生の鶏肉を食べることのリスク

食品安全の専門家でノースカロライナ州立大学の准教授であるベン・チャップマン氏 は、鶏肉の刺身を食べることで、食中毒の原因となる2種類の細菌であるカンピロバクターまたはサルモネラによる感染症を「かなり高いリスク」にさらすと述べています。

カンピロバクター感染症は、米国疾病対策予防センター(CDC)によると、米国における下痢症の最も一般的な原因の1つです。

この細菌は下痢、痙攣、腹痛などの胃腸症状を引き起こし、場合によっては吐き気や嘔吐を引き起こすこともあります。

米国では毎年130万人が感染しており、毎年平均100人未満で感染しています。

サルモネラ感染症は下痢、発熱、腹部痙攣などの症状も引き起こします。

毎年約120万人がサルモネラに感染しており、約450人が感染して死亡しているという。

生チキンを食べることは生寿司を食べることとは違います。

生魚では、人を病気にする可能性が最も高い細菌は寄生虫であり、これらの寄生虫は魚を凍らせることによって殺される可能性がある、と研究者は述べました。一方、サルモネラ菌は凍結の影響を受けません。

Food&Wine Magazineによると、鶏肉の刺身は時には10秒以上煮込んだり煮たりすることで調製されることがあります。

しかし、これらの準備はおそらく鶏の表面にある病原菌を殺すだけだと研究者チャップマン氏は言います。「でも、私はそれについてはわからない」と彼は付け加えました。さらに、鶏が脱骨されると、他の病原菌が鶏の内部に侵入する可能性がある、と彼は述べています。

朝日新聞によると、厚生労働省は2016年6月のレストランに「生と半分のチキンメニューの再評価」を勧めました。同省は、レストランに鶏肉を内部温度75℃(華氏167度)に調理するよう促しました。

さらに鶏肉刺身とチキンスシロールを食べた後数ヶ月前に800人以上が病気にかかったとの声明が発表されました。

Live Scienceより引用

 

広告


カテゴリー:健康

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。