楽器を演奏することで脳に起こる奇跡



 hd-acoust1     
ミュージシャンが楽器を演奏するにつれて、脳内の回路システムは、音を出すために必要な肉体的運動と精神的運動の両方を制御します。音は聴覚回路によって処理され、これは次に回路制御センターによって信号を調整することができます。さらに、指、手および腕からの感覚情報が処理のために脳に送られます。ミュージシャンが楽譜を読んでいる場合、視覚情報が脳に送信され、脳の回路センターのコマンドを解釈します。もちろん、脳は音楽にも感情的な反応をします。

音楽訓練は、構造的に人間の脳を変えることができます

Hydeら、Journal of Neuroscience、29:3019-25、2009 |  Groussardら  PLOO One 5:e13225、2010

楽器を練習することは、幼児期の訓練のわずか15ヶ月後に脳の構造変化につながります。これらの変化は、特定の運動および聴覚技術の改善と相関します。これらの構造的および機能的変化が生じる1つの領域は、学習および記憶に関与する脳の領域である海馬にあります。海馬の学習と記憶に不可欠なプロセスは、ニューロン新生 – 新しいニューロンの形成です。したがて、音楽的練習は、改善された学習および記憶活動に関連した神経発生を促進することがわかります。

 


  ピアノ(および他の楽器)の練習はミエリン化を増加させる

      Bengtsson et al。 Nature Neuroscience 8:1148-1150、2005

Bengtsson et al。Nature Neuroscience 8:1148-1150、2005引用

脳の白質は主にミエリンでできており、ニューロンの軸索を囲んで神経刺激の速度を上げています。白質は中枢神経組織の中で、神経細胞ニューロンと深く関係し、学習機能に直結します。この研究では、定期的にピアノを練習する人々の脳に含まれる白質の量を測定するために、研究ではあ特別な形のMRIを使用しました。この発見は、ピアノ練習することが、脳の白質の構造を高める効果的な方法であることを示唆してます。ここでは、ピアノ練習の影響を受けた脳内の白質の2つの領域である内部カプセル(a、b)と脳の2つの半球を結ぶ白質(c)を色で強調表示しています。



 演奏習慣が人間のシナプスの数を増加させる生理学的証拠

                                                       Rosenkranz et al。 Journal of Neuroscience、27:5200-5206、2007

Rosenkranz et al。Journal of Neuroscience、27:5200-5206、2007引用

シナプスは、回路を形成するニューロンと、シナプスが学習過程で作られるニューロンとの間の化学的結合であることを忘れないでください。脳内のシナプス活性方法は、経頭蓋磁気刺激(この場合、25ミリ秒間)と呼ばれる手順を介してニューロンを刺激することを含む「対合結合刺激」(PAS)を測定することで可能になります。研究ではそれらの活動が楽器を演奏する11人のプロミュージシャンが、年齢が一致する8人の非ミュージシャンよりも大きな活動をしていました。これらのデータは、音楽家が、運動機能を制御する脳の部分でシナプスの数を増加させることを示唆しています。

 


広告


カテゴリー:脳科学, 音楽

タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。