少年がホットドックを食べると突然死する病気

ホットドッグを食べて、トルコで9歳の少年が心肺停止

なんと窒息死ではなく、珍しい心臓病を起こしたというのだ。

後にブルガダ症候群と診断された少年は、一口の後に突然の心停止に見舞われた。

ブルガダ症候群は、稀な状態である。

ブルガダ症候群の人々は、心臓が心臓の残りの部分に十分な血液を圧送するのを妨げる時に発症することがある。

時には、ブルガダ症候群の最初の兆候は、メイヨークリニックによると、突然の急激な心拍だという。

最近の事件の少年は気絶し、学校での昼食時に突然の心臓発作を経験した。

子供は走り回っている時やボールゲーム中など運動時に食品を食べて、窒息死することは珍しくはない。

小児科医は、通常、これらの死亡は気道の問題によるものであると考えていた。つまり、食品が子供の呼吸能力を妨げたということだ。

この子のケースでは、彼が大きな食べ物を食べた後に彼の体が反応するアレルギーなどがあったのかと始めは推測された。

しかし、原因は喉の後ろを走る迷走神経を刺激することによって起こったのだ。人の喉を滑り落ちる大きな咬傷によって迷走神経が刺激されると、心拍数が低下し、血圧が低下する、と研究者は述べた。

救急医がその少年をうまく蘇生させた後、彼は検査のため病院の子供の集中治療室に送られた。

彼は心電図(ECG)と運動ストレステストで正常な結果を得た。

しかし、彼の医者は、心臓リズムパターンの一つに疑わしい動きがあることに気づき、症例報告に基づいてその少年を専門医に送った。

心臓の専門家は、ブルガダ症候群を診断するために使用される兆候である、少年のECGのタイプ1のブルガダパターンを検出しました。

1992年にBrugada症候群が男性でより一般的である傾向があり、特にアジア系の人々でより頻繁に起こることがある。

この異常な心調律は、子供が心臓を刺激する可能性のある高熱を経験した後に初めて見られることがある。

この危険な心臓のリズムは、多量のアルコールを摂取した後、特定の薬物療法を摂取したとき、またはより頻繁に起こりうる可能性がある。

9歳の少年は、彼の皮膚に埋め込み型除細動器を用いて治療された。この小さなデバイスは、心臓のリズムを監視し、異常な心拍を制御するための小さな電気ショックを与える。

ブルガダ症候群が遺伝することがあるので、その少年の両親と兄弟もこの状態について報告された。

子供たちのブルガダ症候群を診断することは稀であり、

現在、ブルガダ症候群の人々には完全に治す薬剤はないが、移植可能な除細動器は存在する。

広告


カテゴリー:奇妙なニュース

タグ:, , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。