アルギニンの栄養効果


  • アルギニンは、身体がストレスを受けているか、

  • または損傷した状態にあるときに必要にな必須アミノ酸です。

    アルギニンは特定の成人哺乳類にとって不可欠です。

  • 通常アルギニンが豊富な飼料を摂取する哺乳動物がアルギニンを摂取しなくなると、死んでしまいます。

  • アルギニン欠乏症候群は、リン酸シンテターゼ欠損で生まれたヒトの乳児において観察されます。

  • これらの乳児の正常な成長および発達は、アルギニンを食事に加えることによって達成されます。

  • アルギニン欠乏は、不十分なオルニチン供給のためにミトコンドリアにおいてカルバミルリン酸過剰産生をもたらします。

  • 男性のアルギニン欠乏食は、精子数の減少を引き起こします。

  • 遊離および結合したアルギニンは、ヒトの男性精子において豊富に見出され、アルギニンは、精液の運動性を刺激することが見出されています。

    アルギニンには2つの源があります。食物連鎖中のアルギニンおよびサプリメントからの自由形態のアルギニン。

    食物源のアルギニンは、七面鳥、鶏肉、および他の肉類に豊富に含まれています。

    非食物源のアルギニンはL-アルギニンと呼ばれ、アルギニンを他のすべてのタンパク質から分離する発酵プロセスによって作り出されます。

    食物や他のアミノ酸の存在下では、L-アルギニンは食物源のアルギニンのように作用するが、L-アルギニンが他のすべてのアミノ酸の除去によってその栄養素の境界から分離されると、L-アルギニンは異なる役割を果たす血液脳関門を通過し、下垂体前葉によって分泌される成長ホルモン放出を刺激することができる。

    成長ホルモンの血清レベルは、青年期にピークに達し、23歳以降に低下し始めます。

    エイジングは、体脂肪の増加、筋肉組織の減少、治癒の遅れ、皮膚の弾力不足、免疫機能の低下をもたらす自然成長ホルモン産生を減少させます。

    ヒト下垂体成長ホルモン分泌は、成人ではアルギニン30g(30分)、小児では体重1kgあたり0.5グラムの静脈内投与後、ヒトの男性、女性および子供において証明されます。

    女性の反応は、男性の反応よりも幾分高です。

    L-アルギニンの経口投与はまた、ヒト成長ホルモンの放出をもたらします。

    別のアミノ酸であるオルニチンを経口摂取すると成長ホルモンが放出されますが、アルギニンはオルニチンに変化し、オルニチンはアルギニンに代わるものではないため、アルギニンは優れた成長ホルモン放出剤です。

    1. コラーゲンを増加させる; タンパク質は、骨、軟骨、腱、結合組織、および皮膚に対する主な支持を提供する。
    2. 創傷破壊強度を増加させます。
    3. 創傷治癒の速度を改善する。
    4. 腫瘍の細胞複製を阻害する。
    5. 精子の数および運動性を100%以上増加させる。
    6. アンモニアを解毒する(尿素サイクルは、アンモニアが尿素に変わり尿中に排泄される有毒なアンモニアを排除するために身体によって利用される代謝解毒プロセスである)。
    7. 負傷時に起こる胸腺退縮を最小限に抑えます。
    8. 外傷後の窒素損失を減少させる。

    ヒトおよび動物におけるアルギニンの需要は、

    1. 物理的な外傷、
    2. 損傷、
    3. 手術、
    4. バーンズ、
    5. 背側皮膚創傷、
    6. 骨折、
    7. 皮膚によって登録された物理的な痛み、
    8. 輸血(ピンプリック反応、異物反応)
    9. 腫瘍の負担と悪性腫瘍、
    10. 感染、
    11. 歯科処置(ピンプリック反応、痛み、失血)
    12. 栄養失調、
    13. 筋肉および骨の成長が拍車をかける。

 

広告


カテゴリー:美容, 健康, 栄養素

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。