青い犬の正体 世界の異常な汚染

 

20664011_1363780957052380_8558794792241383521_n

青い犬

ニュースの報道によると、インドのナビムンバイの街を歩き回る青色の犬が見つかったという。

ヒンドゥスタンタイムズ市では同市の工業地区で少なくとも5 頭の青い犬が現れ、汚染された川が責任を負う可能性があると指摘しました。

飼いならされた犬は食べ物を探してカサディ川に入ることがよくありますが、水に放出された産業廃棄物のおかげで、犬はこのような色になりました。

マハラシュトラ汚染管理委員会(MPCB)が調査したところ、民間企業が洗剤などの製品に青色染料を使用していたことが判明し、そのプロセスの廃棄物が川に流れ込みんだそうです。MPCBのジャヤヴァント・ハジャレ(Jayavant Hajare)地域担当者はヒンドゥスタンタイムズ(Hindustan Times)に、同社の周辺地域は警備されているが、「5〜6匹の犬が食べ物を探して青い色をしている」と報告がありました。

その地域にある約1,000の製薬、食品、エンジニアリング工場がその川に廃棄物を放出します。Navi Mumbai Municipal Corporationによって行われたテストでは、生活用水までもが汚染されていることがわかりました。

今のところ、犬は青色染料の影響を受けた唯一の動物のようです。しかし、動物の権利活動家は、鳥や爬虫類を含む他の動物も影響を受ける可能性があると述べています。

ヒンドゥスタンタイムズより引用

 

広告


カテゴリー:自然科学, 奇妙なニュース

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。