ストレスが送る脳へのサイン

脳のパターンが、あなたがストレスの多い状況の際に、体にサインを送り物理的に予測するかもしれないという新しい研究があります。

これは重要なことです。なぜなら、一部の人々は他の人よりもストレスに対してより強い反応を起こすからです。研究によれば、心拍数はより速くなり、血圧は上昇します。そして、このストレス応答は長期的にはマイナスの結果をもたらす可能性があります。

この脳ー身体の関係を研究するために、研究者らは300人以上の成人を対象に脳スキャンを行い、血圧や心拍数などの身体反応も監視しました。スキャン中に、参加者はストレスの多い経験を作り出すように設計された完全な精神検査を受けました。例えば、研究の人々は厳しい時間の制約の下で質問に答えなければいけませんでした。

次に、研究者は人工知能を用いて結果を分析しました。彼らは、より強く物理的にストレスを感じる人々、言い換えれば、血圧や心拍数が高くなった人々が脳の特定の行動パターンを示していることを発見しました。実際に、AIは、ストレステスト中の人の脳活動に基づいて、人の血圧および心拍数がどのように変化するかを確実に予測した。

さらに、脳の特定の領域での活動は体内でより大きなストレス反応と関連していることがわかりました。例えば、あなたの周りの世界からの情報が脅かされているかどうかを判断する脳の領域における活動の高まりは、より大きな身体的反応に結びついています。

しかし、この研究は、ストレスに応答して脳の特定の部分における活動の増加が身体の物理的変化を引き起こすことを証明していませんでした。むしろ、研究は両者の間の関連性を見出しまいした。

Gianarosは、脳活動と体内のストレス反応との関連性を探るためには、より多くの研究が必要であると指摘しました。

 

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。