うつ病の人に特徴的なインスタのアップ画像



SNSで白黒の写真を投稿したり、またはフィルターで画像を加工する方が好きな人の場合、その人のメンタルヘルスについて特徴が出るという新しい調査が行われました。

この研究によれば、人口知能を使用して、インスタグラムの写真に基づいてどの人がうつ病を患っていたかをコンピュータが検出することができ、コンピュータはランダムに選ばれたボランティアよりも優れた仕事をしまいした。

バーモント大学の数学、自然科学、および技術科学の教授であるクリストファー・ダンフォース(Christopher Danforth)は、これはうつ病の早期発見のの新しい方法をだ」と述べています。

この研究では、オンラインクラウドソーシングプラットフォームであるAmazonのMechanical Turkから160人以上のボランティアのインスタグラムのフィードを調べました。ボランティアは、過去のうつ病の診断に関する情報を研究者に提供し、うつ病のレベルを評価するために設計されたアンケートに回答しました。

people-2572792_960_720

この研究の人々の約半数は過去3年間にうつ病と診断されていた。研究者らは、44,000枚近くの画像を分析したところ、うつ病の診断を受けたユーザーの投稿は、条件なしのユーザーの投稿よりも青、灰色、暗い傾向があることを発見しました。

確かに、研究者が特定した写真の特徴のいくつかは、「行動に対するうつ病の影響に関する共通の知覚と一致する」と著者らは指摘します。

一方、うつ病の診断を受けていなかった精神状態が良好なInstagramユーザーは、写真を明るくした のようなフィルターを好みました。



関連記事

「5人に1人の若者がソーシャルメディアで睡眠を失う」

ソシャルメディアを多用すると社会的隔離感を感じる

ソーシャルメディアで伸びる顧客の消費率

広告


カテゴリー:脳科学

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。