冬季間のうつ病を予防する方法

日光があなたの肌に触れるときあなたの皮膚の最外層に保存されている化学物質である酸化窒素は、血管を広げて日光の紫外線に反応し、その結果、血圧が低下し、リラックスした気分になります。バーミンガムにあるアラバマ大学の別の研究では、血流の改善がより良い精神的なパフォーマンスに結びつくことがわかっています。

ボストン大学メディカルセンターの研究ではUV光には、皮膚に浸透してビタミンDを産生するために体内で使用される皮膚コレステロールの放出を誘発するb光子 – 光粒子が含まれており、ビタミンDはセロトニン産生に必要です。

適切なセロトニンとビタミンDレベルがあなたのDNAの健康に関与するという証拠があり、低Dレベルは心臓病、癌、アルツハイマー病、脳卒中、および糖尿病のより高い割合に関連しています。

15375829088_157a6764de_b copy copy

いくつかの食品にはDが含まれていますが、十分な量の栄養源はありません。

毎日裸の腕、脚、肩に日中の日光が10〜15分かかることが大切だと、研究者は言います。それくらいの短時間であれば膚癌のリスクを増加させることなく、体がビタミンDの必要量を産生するのに十分役立つと研究は示唆しています。

長期的な影響
日光、ビタミンD、セロトニン、およびあなたの概日時計との相互作用は複雑ですが、あなたの健康と幸せは、調和して働くこれらの要因に依存しています。十分に太陽を浴びなければ、セロトニンレベルが不規則に変動し、あなたの概日時計を叩きつけてノックアウトします。それは、あなたが昼間は眠くなり、夜に空腹になったり、はっきりと考えることができなくなります。

「季節感情障害(多くの日光に曝されていない年の間にうつ病が発生する)に関する多くの研究があります」冬の間、日照時間が短くなり、太陽を浴びる時間が短くなるため、夏場よりビタミンDが欠乏します。実際には、世界の人口の80%が寒い時期にビタミンDが欠乏していることが示されています。冬に1000 IUのビタミンDサプリメントを服用すれば、病気やうつ病を防ぐことができます。

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。