定期的な運動が記憶に与える影響

 

 


 

 

運動には私たちに与えるメリットが沢山あります。

大きなものには、心臓病、脳卒中、および糖尿病が発症する可能性を減らすことが含まれます。

さらに体重を減らしたり、血圧を下げたり、うつ病を予防したり、、、

もう1つ、運動は記憶と思考能力を高めることがわかっています。

ブリティッシュ・コロンビア大学で行われた研究では、やや負荷の高めな規則的な有酸素運動が、言語記憶と学習に関わる脳領域である海馬の大きくすることができることがわかりました。

研究者たちは世界で4秒ごとに1つの新しい認知症が発生し、2050年までに1億1500万人以上の人々が世界中で認知症に罹患すると推定しています。この発見は非常に重大なことです。

運動と脳

エクササイズは、直接的手段と間接的手段の両方を通じて記憶と思考を助けます。

運動の利点は、インスリン抵抗性を低下させ、炎症を軽減し、脳細胞の健康に影響を与える脳内の化学物質、脳内の新しい血管の成長、さらには成長因子の放出を刺激する能力から直接得られ、新しい脳細胞の豊にし、脳細胞の寿命を長くします。

間接的に、運動は気分や睡眠を改善し、ストレスや不安を軽減します。これらの領域の問題は、頻繁に認知障害を引き起こすか、または認知障害に直接関係してきます。

思考と記憶を制御する脳の部分(前頭前野の皮質および側頭側皮質)は、運動する人と運動しない人とで活性化の度合いが変わってくることは、多くの研究によって示唆されています。

だから何をすべきか?

しかし、どの運動が最も良いかは完全には明らかになっていません。

ほとんどの研究では、

最新の研究を含め歩行やランニングが一番良いとされています。

記憶を改善するためにはどのくらいの運動が必要ですか?

記憶力向上についてのした研究の試験参加者は、1週間に2回、早いスピードで1時間歩きました。

彼らはみるみる記憶力が向上したのです。

週150分の適度な身体活動がオススメです。

それが難しいと思われる場合は、1日数分から始め、

あなたが目標に達するまで毎週5〜10分運動量を増やしてください。

歩きたくない場合は、水泳、階段登り、テニス、スカッシュ、ダンスなどの中程度の練習を考慮してください。激しい床拭きや葉の掻き取りなど、家庭の活動も考慮に入れることができることを忘れないでください。

https://www.health.harvard.edu/blog/regular-exercise-changes-brain-improve-memory-thinking-skills-201404097110

 

広告


カテゴリー:ヒーリング

タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。