睡眠と糖尿病の深い関係

 

 

ロサンゼルス生物医学研究所(LAあるBioMed)の調査結果によるに内分泌学会の第95回年次総会で発表された研究報告によると

男性は週末に働かずより多くの睡眠をとることにより、2型糖尿病を発症するリスクを下げることができるかもしれないという報告がありました。

さらにピーター・リュウ(Peter Liu)博士の研究では、体内の血糖を除去するインスリン感受性が、週末の3日間の積極的に睡眠をとった後に有意に改善しました。

週末も仕事が忙しく睡眠制限がある男性に行った実験では、睡眠時間を延長することで、身体のインスリン使用を改善し、成人男性の2型糖尿病のリスクを減らすことができたことがわかりました。

インスリンは、人の血糖値を調節するホルモンです。

2型糖尿病の患者の体は、それが生産するインスリンを効果的に使用することができないか、またはインスリンに対して「耐性」となります。インスリンに対する身体の感受性を保持することは、主要死因である慢性疾患である2型糖尿病を発症するリスクを低減します。

「睡眠時間を延長することによって、働く週に十分な睡眠を取れない成人男性は、インスリン感受性を改善することができるというのが良いことだ」とリュウ教授は言いました。

参考文献

出典:  港湾UCLAメディカルセンター(LA BioMed)のロサンゼルスバイオメディカル研究所(2013年6月18日)。十分な睡眠を取れば、2型糖尿病の予防に役立ちます。ScienceDaily。2013年6月19日に取得、http://www.sciencedaily.com/releases/2013/06/130618131848.htm

広告


カテゴリー:美容, 脳科学

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。