バイノーラルビートによる脳波同伴の不安軽減効果 研究論文

 

 

 

不安はすべての精神障害の共通の症状です。

研究では、バイノーラルビートを用いた脳波同調が不安軽減に及ぼす影響を調べました。

実験では、エンジニアリングリサーチ会社から30名の従業員を選択し、

対照群および実験群の2つのグループに分けました。

対照グループは、4週間、毎週3セッションのインストゥルメンタル音楽に記録されたバイノーラルビートを聴きました。各セッションは約20分です。

同時に、別グループはバックグラウンドミュージックをバイノーラルビートなしで聴きました。最後に、両群ともに不安アンケートを完了し、介入前後で得られた両群の不安スコアをANCOVAで分析しました。

結果バイノーラルビートを用いた脳波同伴が、状態不安および形質不安の有意な減少をもたらしたことを示した。

結論:バイノーラルビートを用いた脳波同伴は、状態および形質の不安を減少させる有効な方法です。したがって、精神保健センターの不安を軽減するために使用することができます。

引用 https://doaj.org/article/0d1797c8aaf4424f9932a04a90e14cfa
ジャーナルタイトル:Journal of Kermanshah Medical Science

ISSN:2251-9068(印刷); 2251-9076(オンライン)

出版社:Kermanshah医学・保健医療大学

広告


カテゴリー:脳科学

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。