緑黄色野菜の脳への効果

私たちが普段から緑黄色野菜を、

健康のために普段の食事の中に取り入れるのは、ごく普通のことです。

しかし最近の研究では、私たちが、想像する以上に緑黄色野菜の健康効果が

明らかになっています。

かぼちゃ、ほうれん草やキャベツ、蕎麦などに含まれる色素で、ルテイン、カルチノイド、ゼアキサチンは、脳細胞で作用し、記憶、認知機能の向上、低下予防に役立つ可能性があると最近の研究でわかっています。

脳を保護するために、脳内へ入る物質は血液脳関門によって守られていますが、ルテインとアキサンチンは、優先的に人間の脳に蓄積されていきます。研究では、ルテインとゼアキサンチンの摂取は、認知機能の維持に効果があります。

ルテインは人間の眼の網膜の黄斑に多く存在し、眼の栄養素としてよく知られています。最近は、パソコンなどのブルーライトによる眼への影響を軽減するかもしれないことでも注目されています。眼の黄斑色素 (MP) を形成するために血液網膜関門を通過できるのも、カロテノイド類の中ではルテインとゼアキサンチンの 2 つだけです。

米国のタフツ大学の米農務省加齢ヒト栄養研究所のエリザベス・ジョンソン(Elizabeth J Johnson)氏は、これまでの研究のレビューして、食事かサプリメントで摂取するルテインとゼアキサンチンは、脳を保護し、記憶力などの認知機能を保護あるいは向上させるために役立つかもしれないと示すレポートを、American Journal of Clinical Nutrition誌11月号に発表しました。

 

 

引用 American Journal of Clinical Nutrition誌11月号

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。