音楽が与える脳への影響

 

脳内の快楽物質は、人々が音楽をどのように楽しむかにも影響します。

研究中の人々が、快楽物質を止める薬物を服用したとき、彼らはもはや音楽に反応しなかったという。研究報告書(Scientific Reports誌2月8日号)から引用

この研究によれば、喜びや報酬は脳の2つの段階で経験されている。第1段階は、神経伝達物質であるドーパミンによって駆動される、予期された、すなわち渇望である。第2段階は、脳のオピオイドによって駆動される、完全な、または「好きな」段階であり、研究者らは書きました。

カナダのマギル大学の心理学教授であるダニエル・レビチン(Daniel Levitin)は、「脳のオピオイドが音楽喜びに直接関与しているという最初のデモンストレーションだ」と述べました。

※Bエンドルフィンは、オピオイド受容体に作用し、モルヒネの作用を発揮する。

これまでの研究では、オピオイドが、性別、食物、薬物などの経験から得られる快楽の中で役割を果たすことが示されています。

オピオイドが人々の音楽の喜びをどのように体験するかを決定するために、研究者らは、ナルトレキソンと呼ばれる薬を参加者に与え、脳におけるオピオイドの作用をブロックしました。

この研究では、15人の参加者が好きと思った曲を選ぶように求められました。

聞く前に、参加者にナルトレキソンまたはプラセボのいずれかを与え、研究者は参加者の反応を彼らが音楽を聴きながら測定しました。

音楽に対する参加者の反応は、いくつかの点で測定されました。例えば、顔の筋肉活動を測定して、参加者が音楽を聴きながら笑顔を浮かべていたかどうかを確認しました。心拍数や呼吸数などの生理的要因も測定し、参加者は感情反応の評価を行いました。音楽を聴きながら、参加者は主観的に0(快楽ではない)と10(快楽)の間で曲を評価することができました。

研究者らは、参加者にナルトレキソンを与えたとき、顔の動き(笑顔と笑顔)のような感情反応がすべての音楽を聴くと減少することを発見しました。

 

Live Scienceより引用

 

広告


カテゴリー:バイノーラルビート, 脳科学, 健康

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。