女性と痛風

男性または女性で痛風がより一般的ですか?

痛風は広く男性の疾患と考えられていますが、女性の痛風は珍しいことではありません。

2008年の米国の健康調査では、60代の女性の4%、80代の女性の6%が痛風を訴えていました。

これはあくまでも米国での統計結果になりますが、

65歳未満の痛風患者の中には、女性よりも痛風の男性が4倍多いです。

女性における痛風の発生率は、80歳以上でピークに達します。

食生活の変化などで過去20年間に女性の発生率は倍増しています。

痛風は「男性病」とみなされるので、痛風はしばしば女性で誤診されるか、診断がかなり遅くなります。女性は男性と同じ尿酸値を持つことができますが、女性は男性よりも痛風発症リスクが低くなります。5mg / dcを超える血中尿酸値を有する女性は、完全に同一の尿酸レベルを有する男性よりも痛風発症リスクが低いことがわかっています。

女性の痛風の兆候と症状

性別で、痛風を調べた大規模な研究では、利尿薬の消費、肥満、高血圧、高齢、アルコール消費、肥満、などの男女は、男女問わず痛風を発症しやすいことがわかっています。さらに男性より女性の方が高血圧を患っており、痛風発症リスクを高める利尿薬で治療されていたことがわかりました。たくさんのビールを飲む、これもまた、痛風リスクを倍増させましたが、女性の痛風発症のリスクは増加することがわかっています。あなたが肥満男性または女性の場合、痛風発症リスクは3倍になります。

閉経と痛風

男性と女性が違うところは、女性にのみに起こる閉経というものです。女性の体がホルモンエストロゲンの生産を大幅に減らすことが起こります。

閉経後に女性の血中尿酸値が上昇し始めます。ほとんどの更年期の女性にとって、痛風症状は通常、大腿部から始まり、次に足首、膝及び手首に影響を及ぼします。

腎臓がエストロゲンホルモンの支持を失い続けるので、痛風の発症は更年期プロセスの任意の時点で起こり得ます。

痛風を発症する女性のは、既存の関節疾患、特に変形性関節症に罹患する可能性がより高くなっています。

参考文献

https://goutandyou.com/gout-and-women/

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。