痛風を予防する方法


関節炎の一種である痛風は、体内の血液や組織に尿酸が過剰に含まれているため、十分に長く存在すると針状の結晶になり、関節を刺激して重度の痛みや腫れを引き起こす可能性があります。

痛風のほとんどの人は、腎臓によって効率的に除去されず、尿中に洗い流されていないため、体内に高濃度の尿酸があります。

専門家は、痛風は、血液中の尿酸のレベルを低下させる処方薬を含む、長期治療でのみ効果的に痛風と戦うことができると主張しています。

しかし、人々はまた、症状を軽減するために食事を変更するように勧められます。

研究によると、1日に適量以上のアルコール飲料を飲む男性、特にビールは、痛風になる確率が高くなる可能性があるといいます

 

なぜビールは痛風のために悪いですか?

痛風は、関節に尿酸結晶が溜まり、炎症、炎症、痛みを引き起こします。これは、典型的には、足に最も深刻な影響を及ぼします。

私たちは血液中に尿酸を持っていますが、尿酸レベルが高すぎることがあります。これが関節に沈着する可能性があります。

尿酸は、身体がプリン体と呼ばれる物質を分解したときに形成されます。プリン体の一部は私たちの食物に由来し、一部は私たち自身の体内で作られています。

ビールはそのプリン体の量が特に多いと言われています。

ビールやアルコール類を避ける

先ほどもビールについては触れましたがプリンで高い食品(および飲み物)は、尿酸の蓄積を引き起こすか悪化させる可能性があります。

体の過剰尿酸を取り除く能力を低下させるものは、状況を悪化させる可能性があります。

ビール中のアルコールは、肝臓が尿酸を解毒する能力を損ない、腎臓が尿酸を取り除く能力に影響を与える可能性があります。

「痛風のある人は、プリン体が豊富な、肉類、赤身肉、海産物などの食べ物を避けることが日町です。残念ながら、一般的には健康に良いイワシやアンチョビなどの油性魚もあります。

新鮮な野菜の食事は、1日当たり3〜4回分けて摂取するのが好ましいです。

麦類や玄米などの精製されていない炭水化物、白身肉、白身魚、卵、種子、ナッツなどの過剰タンパク質ではないが適切な炭水化物が痛風には良いとされています。

炎症を減らすのに役立つサプリメント

EPAを含むオメガ3魚油は、助けになります。

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。