糖度の高い清涼飲料水およびソーダは寿命を縮める

 

甘味料の多い清涼飲料の摂取は、肥満、メタボリックシンドローム、糖尿病、心臓血管死、および癌のリスク増加と関連しています。

新しい研究では、甘い清涼飲料を取らないことが長寿に人を導くことを示唆しています。

カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCS F)で行われたこの研究では、炭酸飲料が頻繁に白血球内のテロメアの長さを短くする可能性があることを示しています。白血球内のテロメアの長さは、以前はヒトの寿命と関連していた。ショートテロメアはまた、心疾患、糖尿病、およびいくつかの種類の癌を含む慢性的な老化疾患の発症に関連しています。

UCSFの精神医学教授であり、研究の上級著者でもあるDr. Elissa Epel博士は、「砂糖を加えたソーダの定期的な摂取は、糖の代謝調節を抑制するだけでなく、組織の細胞老化を加速させる」と述べました。

 

 

参考文献

出典:シンディ・W・レオン、バーバラ・A・ラレーア、ベリンダLニーダム、デイビット・H・レコフ、ナンシー・E・アドラー、ジュエ林、エリザベス・H・ブラックバーン、エリッサ・S・エペル、ソーダや細胞老化:砂糖入り飲料の消費と白血球テロメアの長さの間の関連国民健康と栄養調査の調査から健康な成人。Am J公衆衛生2014年10月16日:e1-e7。Epub 2014 Oct 16

広告


カテゴリー:ダイエット, 健康

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。