ストレスを解消するオメガ3脂肪酸

Scripps Research Institute(TSRI)とイタリアのCamerino大学の研究者は、正常なストレスと不安が、外傷後ストレス障害(PTSD)となるより重度の形態に変わることを発見しました。特に、アルコール依存症の遺伝的素因です。

この研究の最初の著者Luis A. Natividadは、「不安は、誰もが日常的に経験するものだ」と言いました。

Journal of Biological Psychiatryに掲載された新しいげっ歯類の研究では、科学者らは、脳内の2つの重要な分子がどのようにして激しい不安を引き起こすかを発見しました。

TSRIの教授であるマリサ・ロベルト教授は、「不安とストレス障害は世界中の何百万人もの人々に影響を与えている」と言いました。「これらの障害の根底にあるメカニズムを理解することは、治療目的の潜在的な新しい標的を特定する上で重要です。

脳では、カンナビノイド(1型)受容体とコルチコトロピン放出因子(CRF)と呼ばれるペプチド分子との間に起こっている綱引きがあります。エンドカンナビノイドとして知られる体内のカンナビノイド、すなわちeCBは、神経伝達物質として知られる脳化学物質の放出を阻止することによってストレスを制御します。エンドカンナビノイドはストレスを減少させるが、CRFはストレス応答を誘発し、何度も何度も活性化されるとストレスおよび不安に対する感受性を増加させます。

新しい研究では、感情反応を制御する重要な脳領域である扁桃体の中心核において、それらがどのように相互作用しているかを調べるために、ストレス促進CRFとストレス低下eCBとの関係を研究しました。結果は、脳のこの領域における過活動性CRF活性が、アナンダミドと呼ばれる主要なeCBのストレス低下能力を上回ったときに、慢性ストレスが未確認または病的な不安に変わることを示しました。

この研究の著者らは、高アルコール摂取および不安のために遺伝的に素因があるラットを検討しました。これらのラットはCRF活性を増加させるCrhr1と呼ばれる遺伝子に変異を示します。研究者らは、CRF活性の増加が、脂肪酸アミド加水分解酵素(FAAH)と呼ばれる酵素の活性上昇をもたらし、ストレスを軽減するeCBアナンダミドを身体から除去し、アナンダミドの仕事を停止させることを発見しました。CRFの増加はまた、扁桃体の中心核におけるアナンダミドレベルの低下に関連します。

研究者らは、FAAH活性の増加とアナンダミドシグナル伝達の減少が、この重要な脳領域におけるストレス関連神経伝達の制御を低下させ、ストレスおよび不安を調節する脳の能力を弱めると結論付けました。

後の実験で、これらの同じ研究者は、FAAHの阻害がラットのCRFの効果を止め、不安の兆候を低下させる可能性があることを見出しました。

研究者らは、この不安とアルコール中毒との関連性と、PTSDとアルコール依存症との関連性との関連性をよりよく理解するために、このラットモデルを用いてより多くの実験を行う予定です。

「この研究の結果は、アルコール依存症、神経不安、PTSDの神経生物学的基礎を理解するだけでなく、これらの障害を治療するためのより効果的な薬物療法の開発にも役立つかもしれない」と研究に携わった科学者Roberto Ciccocioppo氏は付け加えました。

 過去の研究では、いくつかの栄養補助食品がCRH活動に影響を与えることが分かっています。例えば、ある研究では、オメガ3脂肪酸、ドコサヘキサエン酸(DHA)のラットに対する効果を発見しました。研究の著者らはげっ歯類にCRHを投与しました。これにより、ラットは激動し、行動が変わりました。しかしながら、ラットにDHAを与えることは、ストレスを受けた行動を停止させました。

さらに、家庭内暴力を行う人々では、低血漿DHA濃度がより高い脳脊髄液CRFレベルに関連し、このオメガ3脂肪酸の低レベルがより高い不安に関連することを示します。

バイオフラボノイドケルセチンはまた、げっ歯類の脳におけるCRF発現を減少させる。研究者らは、ケルセチンがマウスのCRFに起因する不安を逆転させることを発見しました。

参考文献

  1. McCurry-Schmidt M.研究者は脳が慢性的なストレスを病的不安に変える方法を発見する。スクリプス研究所。ニュース&ビュー。2月27日、2017; 17(7)

  2. 竹内T、岩永M、原田E. ラットにおけるDHA誘発性抗ストレス反応の可能性のある調節機構。Brain Res。2003; 964:136-43。

  3. Hibbeln JR、Bissette G、Umhau JC、George DT。家庭内暴力の加害者にオメガ3状態と脳脊髄液コルチコトロピン放出ホルモン。Biol Psychiatry。2004; 56:895-7。

  4. Bhutada P、Mundhada Y、Bansod K、Ubgade A、Quazi M、Umathe S、Mundhada D.のマウスにおける不安およびうつ様効果を誘発した放出因子副腎皮質のケルセチンによって逆転。Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry。2010; 34:955-60。doi:10.1016 / j.pnpbp.2010.04.025。

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。