処理しきれないストレスは毒となる

 

 

 

ストレスが有毒になったとき

ストレスに対する人間の反応は本能的である。私たちが危険に瀕していると感じると、副腎はアドレナリンを放出します。アドレナリンは、呼吸と心拍数を増加させ、筋肉に余分な血糖を送り、危険から逃げるか、私たちの生活のために戦う準備をします。

この反応は、古代生物サーベル・ツー・タイガーなどの捕食者が人間の先祖を脅かし肉体的ストレスを感じたときにうまく機能しました。

残念ながら、このメカニズムは今日のストレス社会で私たちに直面する脅威が精神的で感情的なものであることが多い為、私たちにとってうまく機能しません。

将来への不安、営業のノルマのストレス、ディスクワーク、同じルーティーンが続く作業、鳴っている電話、病気、上司からのセクハラ、パワハラからなど、

ストレス応答は、副腎を誘発して

、コルチゾール、慢性ストレスホルモンを放出させようとします。

ストレスが溜まると、ストレスホルモンは慢性的に上昇し、免疫系を抑制し、風邪、インフルエンザ、およびあらゆる種類の病気に直結します。

時間が経つと毒性ストレスは体のコルチゾールと他の副腎ホルモンDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)を産生する能力を低下させ、一般的なストレッサーに適切な対応をして応答する能力が低下します。

毒性ストレスの共通の短期的影響のいくつかを以下に示します。

  • 免疫系の抑制、感染リスクの増大
  • 身体を修復する能力の阻害
  • 遅い代謝およびその後の体重増加
  • 重要な栄養素を吸収する能力の低下

毒性ストレスの最も一般的な症状のいくつかは以下を含みます

  • 繰り返し頭痛
  • 漠然とした痛みと痛み
  • めまい
  • 胸焼け
  • 筋肉の緊張
  • 口渇
  • 過度の汗
  • 心臓発作
  • 不眠症
  • 疲労

残された未解決の長期毒性ストレスは、健康に重大な障害をもたらし、

  • 早期老化
  • 加速老化
  • 肥満と糖尿病
  • 消化器系の問題(潰瘍、大腸炎)
  • 骨粗鬆症
  • 高血圧
  • 心臓病
  • 炎症および癌

感情的に、長期的に解決されない毒性ストレスが脳に影響を与え、

  • 不安、恐怖、不穏
  • 過敏性、怒り
  • うつ病
  • 不安
  • 不感症
  • 過度の摂食、喫煙、飲酒、または薬物使用

 

ストレス解消栄養素

•B-ビタミン:17種類の必須ビタミンBがあり、毎日それらをすべて必要とします。B-ビタミンは、エネルギーレベルを維持する上で重要な役割を果たしており、さまざまな重要な身体過程に影響を与えるように緊密に組み合わせて働きます。ストレス、疲労および不安は、B型ビタミンの体内に排出され、ストレスホルモンおよび神経伝達物質を製造するために消費されることがあります。Bビタミンは、脳に酸素を供給して有害な酸化物質から保護することに加えて、脳細胞のためのエネルギーにグルコースを変換し、神経伝達物質を循環させるのに役立ちます。B-ビタミンはまた、健康な神経機能をサポートし、感情的なストレスの時に発火から過反応性ニューロンを落ち着かせるのを助ける。1つの食べ物で17種類のビタミンBをすべて提供することはできませんが、魚、ナッツ、乳製品、大豆、豊かな全粒の穀物と豚肉は良いソースです。

•マグネシウム:マグネシウムは、健康な骨やその他の重要な身体過程に不可欠なカルシウムやビタミンDを体内に吸収させるなど、300以上の身体過程に関与しています。糖尿病患者ではしばしば欠乏しているが、マグネシウムはインスリンの細胞内へのグルコース輸送能を改善する。マグネシウムはセロトニンバランスに直接影響を与え、私たちを静かにしてリラックスさせるのに役立ちます。これは片頭痛と緊張の頭痛の両方を軽減します。

•L-テアニン(L-THEANINE)  – このアミノ酸は、穏やかな静穏感を促進する独自の能力により、時には「瓶の中の禅」と呼ばれています。テアニンは、静かな神経伝達物質であるGABA(ガンマアミノ酪酸)のレベルを高め、通常は瞑想により達成される、緩和され、しかし焦点を当てた「アルファ」状態を誘発する。テアニンは、人に知られている最も古くて落ち着いた気分安定剤の1つである緑茶の活性物質として、集中、学習、記憶を向上させるために何世紀にもわたって使用されてきました。

•  GABA  – 「冷静になる」神経伝達物質と呼ばれるGABA(ガンマアミノ酪酸)は、神経伝達物質のノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンを調節することにより重要な気分変調剤として働きます。GABAは、緊張して心配している状態をリラックスに、悲しい気分を幸せなものにシフトさせるのに役立ちます。脳および神経系におけるGABAのレベルの低下は、不安、緊張および不眠に関連する。実際に、VALIUMやXANAXのような処方薬の安定剤は、GABAに対するシステムの反応を高めることによって機能します。メンタルヘルスコミュニティでは、GABAは、脳や神経細胞の機能を調節して静かで集中力のある効果を生み出す能力を広く認めています。

•L-タウリン  – L-タウリンは、神経伝達物質の調節に重要な役割を果たすアミノ酸で、GABAのように心を落ち着かせ、安定させます。タウリン濃度は脳に非常に集中しており、カリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウムを細胞内外に輸送するのに役立ちます。

•L-グルタミン  – L-グルタミンは、脳に直接燃料として使用されるだけでなく、GABAを構築し、バランスさせるために使用されます。メンタルパフォーマンスと記憶の両方を向上させることが示されています。グルタミンはすばやく吸収され、食べ物やアルコールを含む覚せい剤に似たほぼ即時のピックアップを提供することができます。実際には、あなたの舌の下にある頭が砂糖やアルコール、その他の物質の渇望を止めるでしょう。筋肉組織の中で最も一般的なアミノ酸であるグルタミンは、精神的エネルギーとリラクゼーションを改善し、中毒を軽減し、血糖を安定させ、記憶を促進する。グルタミンは体内の成長ホルモンのレベルを自然に上昇させ、細胞をより速く増殖させ、老化を遅らせます。成長ホルモンの追加量は、脂肪を貯蔵から動員してエネルギーに利用できるようにするのに役立ちます。

参考文献

https://nutritionreview.org/2014/06/controlling-stress-and-anxiety-naturally/

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。