日焼け止めを塗って起こる健康被害

 

米国オステオパシー協会のジャーナルに掲載された臨床レビューの結果、

  世界中の約10億人が、慢性疾患および日焼け止め使用に関連する日照不足のために、ビタミンDのレベルが不十分である可能性があります。

 この研究では、アフリカ系アメリカ人の成人の95%がビタミンD欠乏症や不全を抱えている可能性があることも分かりました。

トゥーロ大学の助教授、キム・ポーフェンハウハウ(Kim Pfotenhauer)教授は、「近代人は外出する時間が少なく、外出すると日焼け止めを身につけているため、ビタミンDを産生する能力を本質的に無効にしています。人々が皮膚癌から身を守ることを望んでいる一方で、ビタミンDを増強するのに非常に役立つ、日焼け止めなどを塗らないでも健康にほとんど害のない中程度の日光レベルがある。」と言います。

ビタミンDは皮膚が日光にさらされたときに生成されます。

ビタミンDレセプターは、人体のほぼすべての細胞に存在します。その結果、細胞増殖調節、神経筋機能および免疫機能ならびに炎症の減少を含む身体機能において広い役割を果たします。

ビタミンDの不足または不足の症状には、筋肉の衰弱および骨折が含まれます。これらの症状を呈している人、またはビタミンDを減少させることが知られている慢性疾患を患っている人は、そのレベルをチェックし、低いと判断された場合には治療の選択肢について話し合うべきです。しかし、普遍的なスクリーニングは、重要な症状または慢性疾患がない場合には必要でもなく、慎重でもない可能性が高です。

健康なビタミンDレベルを増やして維持するには、1日2回、正午の太陽に5〜30分を費やすのがベストです。適切な時間は、地理的位置と肌の色によって変わってきますが、- より明るい肌は、より暗い肌よりも多くのビタミンDを合成します。SPF 15以上がビタミンD3の生産を99%減少させるため、それ以下にすることが重要です。

恩恵を受けるためにビーチで日光浴をする必要はありません。腕や脚を露出させた簡単な散歩をすることが非常に大切です。

参考文献

出典:  Kim M. Pfotenhauer、Jay H. Shubrook。 ビタミンD欠乏症、健康および病気におけるその役割、および現在の補充勧告。 アメリカのオステオパシー協会のジャーナル、2017年。117(5)

広告


カテゴリー:健康

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。