インスタントラーメンの本当の害

 

 

インスタントラーメンを食べる人は注意してください。インスタント食品(ラーメンを含む)を多量に消費すると、特に女性の心筋梗塞症候群のリスクが増大する可能性があることが示されています。

最近のThe Journal of Nutritionに掲載されたこの発見  は、世界的な食生活のリスクに新たな可能性をもたらしました。

7174110957

アジアの人口ではラーメンの消費量が比較的多いため、主に世界一の人口一人当たりのインスタントラーメン消費者数を持つ韓国を中心に行われました。

近年、韓国人は健康問題、特に心臓病、太りすぎの成人の急速な増加が問題となっています。このような変化は、心血管疾患に起因する死亡率の増加ならびに医療費の増加につながる可能性があるといいます。

Baylorの主任研究員であるHyun Joon Shin(MD)は、Baylor University Medical Centerの臨床心臓研究員であり、Harvard Public Health Schoolの栄養疫学博士課程の学生です。

「インスタントラーメンの摂取量は、アジア地域で大きいですが、インスタントラーメンの消費量とメタボリックシンドロームとの関連が広く研究されていない」博士と話しました。「より明確なつながりを明らかにするために調査することにしました。

インスタントラーメンに週2回以上食べると、心臓病やその他の病気、心血管代謝症候群と関連していたことがわかりました、他には糖尿病や脳卒中などがあります。

さらに、その結果が女性でより多くみられることを発見しました。性的ホルモンやメタボリックシンドロームの成分だけでなく、性ホルモンや代謝などの生物学的な相違に起因する可能性が高いことがわかっています。さらに、男性と女性の多様な食習慣や食物報告の正確性の違いが性差に影響を与える可能性があります。

ビスフェノールA(BPA)と呼ばれる化学物質で、これは発泡スチロール製容器の麺を包装するために使用されます。研究によると、BPAはホルモンが体内内分泌かく乱物質であるため、ビスフェノールAはホルモンの不均衡、不妊症、早期思春期、生殖癌のリスク上昇、精子数の減少および他のホルモン関連の問題につなが可能性があります。

健康リスクを知らずに多くの人々がインスタントラーメンを食べています。健康への影響は相当なものであり、我々は、健康的な食品を慎重に選ぶ必要があります。

参考文献

出典:  HJ Shin、E. Cho、H.-J. Lee、TT Fung、E. Rimm、B. Rosner、JE Manson、K. Wheelan、FB Hu。 インスタントヌードル摂取量と食生活パターンは、韓国の心筋代謝性リスクファクターと関連している。 Journal of Nutrition

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。