ランニング速度による脳の変化1

 UCLA神経生理学者は、身体がより速く動くにつれて、学習に関連する脳のリズムが強くなると、最近の研究で報告しています。Mayank Mehta教授が率いる研究チームの実験では、

 マウスの脳におけるガンマリズムとして知られる電気信号をモニターするために特殊な微小電極を使用しました。このシグナルは、典型的には、海馬と呼ばれる脳領域で産生され、集中と学習の期間中、学習と記憶にとって重要です。

 研究者らは、走行速度が増加するにつれてガンマリズムの強度が大幅に増加し、科学者が学習とナビゲーションに不可欠な脳機能の理解に一歩近づくことを発見しました。

つまり、人間が速く走ると脳の記憶を左右する海馬が活性化するという事です。

ガンマリズムは、注意と学習によって制御されることが知られていますが、走っている速さによっても左右されます

この研究は、米国公立図書館のオンライン刊行物であるPLOS ONEに掲載されています。

 


 

 

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。