コーヒーの驚くべき健康効果

Journal of Hepatologyに掲載された新しい研究によると、コーヒーやハーブティーを飲むと肝臓の線維化を防ぐことができ、肝臓病の予防に重要になる可能性がるそうです。

もちろん、カフェインが含まれるので飲み過ぎは良くない、小さい子供など成長期で睡眠が大切になる対象の年齢にはもちろんカフェインが含まれるものは避けるべきだが、

疫学的および実験的データは、コーヒーは、肝臓の酵素上昇、ウイルス性肝炎、NAFLD、肝硬変および肝臓癌に健康上の利点があることを示唆している。

肝臓への利点だけではなく、コーヒーは全体的な死亡率の低下と関連していることが示されている。正確なメカニズムは不明であるが、コーヒーは抗酸化作用を発揮すると考えられている。

研究者らは、45歳以上の2,424人の参加者について、オランダのロッテルダム郊外に居住している慢性肝疾患のない個体において、コーヒー消費が肝臓の硬さに同様の影響を与えるかどうかを調べるために、肝硬変を定量的に測定するために広範な物理的検査を受けた。さらに、コーヒーと紅茶の消費に関する詳細な情報を含む、外部で検証された食品頻度アンケートを完了しました。

コーヒーと紅茶の消費量は、なし、中程度(1日当たり0〜3カップ)、頻回(1日3回以上)の3つのカテゴリーに分けらました。茶の消費量は、ハーブティー、グリーンティー、または紅茶、さらには0または0に分類されました。

研究者らは、頻繁なコーヒー消費は、ライフスタイル、代謝、および環境特性とは無関係に、頻繁なコーヒーとハーブティーの両方の摂取量が少量であっても、肝臓の硬さの値が低いことと有意に関連していることも発見しました。最後に、肝臓脂肪の有無にかかわらず、コーヒーの肝臓硬度の低下に対する効果も発見しました。

したがって、著者らは、頻繁なコーヒーおよびハーブティーは、顕性肝疾患が発症する前でさえ、肝臓の瘢痕を予防するのに有益な効果をがあると結論付けました。

 

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。