性行為をやめると起こる5つの健康への害

 1、ストレス

 

2.男性は、前立腺がんに注意
性行為をやめる男性は、前立腺癌を起こすリスクが高くなる可能性があります。頻繁な射精は、前立腺から有害な物質を除去する役割もあるようです。

 

セックスをすることで、風邪を予防できる
3、風邪やインフルエンザ注意
 性行為が少ないと、病原菌への免疫が減る可能性があります。ペンシルベニア州ウィルクス-バールの大学の研究者は週に一度か二度行為をした人はほとんどまたはまったくしなかった人たちと比較して、免疫グロブリンA(IgAの)の値が約30%高まることを発見しました。IgAは、身体のウイルスに対する最初の防御系統の1つであると研究者らは述べています。

4、パートナーとの不安  関係


性行為をやめた場合、夫婦やカップルであれば幸福、親密さ、そして二人の心の関係の安定に大きな影響を与えると、精神学者Les Parrott博士は次のように述べています。「結婚生活でセックスをしないと、お互いの自尊心が高まり、罪悪感を引き起こし、オキシトシンやその他の結合ホルモンのレベルが低下する可能性がある」と言います。しかし、性的な夫婦しか幸せにならないということを意味するわけではありません。「性行為はカップルにとっての親密さの貴重な表現です」と彼は言います。口づけをしたり、ハグなど、褒め言葉やサプライズをすることで、パートナーと感情的につながっていることを感じることができます。SEXは大事です。 

 

性行為の欠如は勃起障害を引き起こす可能性がある

5、勃起障害のリスク

 アメリカンジャーナルに掲載された大学の研究によれば、性行為が少ない男性は、週に1回またはそれ以上の頻度で勃起不全を経験する可能性が2倍高いそうです。この研究の著者は、陰茎が筋肉であるため、頻繁な性行為が身体運動が力を維持するのと同様の方法で効力を保持するのに役立つことを示唆しています。

 

広告


カテゴリー:健康

タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。