摂るだけで減量効果?カルニチン、グルタミンの効果

カリフォルニア大学の研究論文によると、肥満患者はカルニチン欠乏症である可能性があることが示されています。

カルニチンが脂肪を燃やす理由  

 カルニチンは脂肪酸をより迅速に運び、それらを代謝させます。これは、体が脂肪を蓄えずに燃やしていることを意味します。その脂肪酸化作用のために、カルニチンは減量のためにも使用され、「脂肪バーナー」と呼ばれます。  

 カルニチンは5段階で合成され、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、葉酸などの必須栄養素も含まれています。これらの物質のいずれかの欠乏は、カルニチン合成を制限します。  

ライプツィッヒ大学のLuppa教授は、2004年から「肥満予防に関しては、脂肪を燃やすためにはカルニチン摂取が、より効果的であるととエッセイでカルニチンの脂肪燃焼能力について書きました。

さらに、スイスと米国の2人の科学者による研究は、カルニチンの投与が脂肪細胞(脂肪細胞)からの脂肪酸の動員を増強し、これらの細胞における脂肪酸の酸化を高めることができることを証明しています。

カルニチンはダイエットを促進する  

2013年の臨床研究は大きな注目を集めています。これは、1日500mgのL-カルニチンを栄養補助食品と組み合わせて、過体重の個人で有意な体重減少を確実にすることを示しています。数十名の研究参加者は、食事や運動のレベルを変えずに、4週間以内に平均400gの体脂肪を燃焼することができ、ウエスト周囲の測定値は平均1.3cmの減少を示しました。

グルタミンが脂肪貯蔵を妨げる  

グルタミンは、腎臓でグルコースに変換することができます。それは食物脂肪の貯蔵を妨ぎ、したがって体重を調節するのに役立ちます。ある研究では、グルタミンを補給すると体脂肪が減少することがわかりました。さらに、グルタミンは砂糖とアルコールの依存を減らす効果もあるとされています。  

ビタミンや亜鉛も脂肪燃焼に重要です。ビタミンBは体重を減らそうとするときに非常に役立ちます。ほとんどのビタミンB群は体の脂肪を分解する能力を刺激します。さらに、それらはまた、神経の栄養源であり、ダイエットするしないに関わらず非常に需要です。ビタミンB 2、ナイアシンB 3、パントテン酸B 5、ビオチンB 7、コバラミンB 12は、代謝を制御し、体脂肪の分解を刺激する。彼らは脂肪燃焼に関して特に効果的で速い。ビタミンB2は、タンパク質、炭水化物、脂肪を素早くエネルギーに変換するので重要です。亜鉛は脂肪や炭水化物を処理する際に身体を支えるのと同様の性質を持ち、機能するタンパク質の代謝に不可欠です。したがって、アミノ酸は、十分な亜鉛の供給を伴う脂質代謝のための重要な仕事を果たします。

参考文献 https://www.bodybuilding.com/category/nutrition

広告


カテゴリー:ダイエット

タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。