未解明な瞑想の健康への効果

瞑想の健康への効果

今回の記事では、瞑想の研究を行っている、海外の大学、研究所の文献をもとに、瞑想の健康への効果がどのようになっているのか、レポートなどをまとめてみた。

米国ワイスマンセンターで健康心理調査センターを設立した神経科学者、リチャードJ.デビッドソン氏は、医学的問題を治療するための瞑想の使用について、「研究ではまだわからない部分が多い」と述べている。ウィスコンシン大学マディソン校の科学文献では、「今の時点では混合知見が溢れている」と述べている。

いくつかの研究では、瞑想が高血圧のリスクのある若年成人の血圧を下げ、不安を和らげ、癌患者の生活の質を向上させ、インフルエンザのような急性呼吸器疾患の発生率、重症度および持続時間を改善することを示唆している。研究の2010年の見直しは瞑想やその他の心身療法がほてりのようないくつかの一般的な更年期症状を緩和に役立つ可能性があることが報告されている。

瞑想は多くの条件で研究されてきたが、研究結果は矛盾しており、発見される利点はしばしば控えめで、敏性腸症候群の75人の女性に、マインドフルネス瞑想を行うと症状が治まることが報告された。しかし、2013年に行われた文献調査により、IBS患者の不安やうつ病を軽減することはできず、生活の質や痛みの改善は小さかったと結論づけられた。

国立衛生研究所の補完統合保健センターでは、痛みを和らげたり、喫煙をやめたり、注意欠陥多動性障害を管理するための心の瞑想の使用について結論を出すには証拠が不十分で、心の瞑想が不安とうつを和らげただけの「中程度の証拠」しかなかったという。

デビッドソン博士は、瞑想によって感情の調節に関わる脳回路の変化が起こり、炎症のマーカーやコルチゾールのようなストレスホルモンを減少させる可能性があることが実験によって確認されている、彼は、「瞑想には多くの種類があり、その研究では、効果は個人間で大きく差が出る」と述べている。

米国の研究結果をまとめましたが、結論から瞑想の行った結果は人それぞれ異なり、まだ未知のぶぶが多いということ、書店やテレビ、インターネットで出回っている情報などを安易に信じてはいけないということ、私たちは自分にあった瞑想法などを確かめる必要がある。

広告


カテゴリー:健康

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。