ネット通販集客の歴史

出店、出品すれば売れる時代

日本では1995年頃からインターネットが普及してから、ネット上で物販を行うネット通販が登場しました、物販はこれまで、何千年にもわたって、リアル社会にて行われてきましたが、

EC(電子商取引)が始まったというのは、人類にとって革命的でした。

ですからこの時代というのは、すべてが始まったばかりで、1999年に登場した、yahooオークションや、2000年までに開業したネットショップというのは、出店、出品すれば、商品が簡単に売れ、様々な業種でのネットショップの出店が相次ぎ、参入者が増えました。

広告費を払って集客する時代

それから、数年が経ち、参入者が増えれば、商品の重要と供給のバランスが崩れ、ただ出店するだけで売れる時代はすぐに終わりを告げましたが、2002年9月18日グーグルアドワーズが誕生し、PPC広告やリスティング広告で、ECサイトの集客のために、大、中、小様々な企業が積極的にネット広告を出稿するという手法が取り入れられるようになりました。

メディア集客の時代へ突入

近年では、広告費を出して、集客するという手法も、参入者が増えクリック単価がPC、スマートフォン共に高騰しています。多くの事業者が、同じキーワードで広告を出そうと思えば、需要が増えて、価格が上がることは必然です。広告費が上がって、利益が下がってきているのが、現在のEC業界の現状です。

ですから広告費をかけずにいかに集客するかに注目が集まってます。

FacebookやTwitterといったソシャルメディアを運用するのはもちろんのことですが、読み物コンテンツをネットショップと連動させる手法が売上を上げるネットショップの基本となりつつあります。さらに動画を使ったビデオコマースを使うなど、ECのメディア化は初めは手間がかかりますが、一旦検索エンジンなどで、上位に入ってくると、長期的に集客ができますし、ADSENSなどの、クリック型課金アフィリエイトなどと組み合わせて、アフィリエイト収入も見込むことができます。

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。