ネット起業初心者がハマる5つの落とし穴と対策(その1)

pitfall2

必要以上にかかる起業の経費抑えるべきは、社会保証制度

1、国民年金、国民健康保険料が想像以上に高いので注意を!

サラリーマン・・・健康保険と厚生年金制度

個人事業主・・・国民健康保険と国民年金制度

となりますがが、サラリーマンの場合会社が半分を負担してくれます。

しかし企業すると異なってきます・・・

全額自分で払わなければいけなくなります。

国民健康保険は各市町村や所得の額によって違いますので、

役所のホームページに所得金額を入力してクリックすると、

計算してくれるフォームがあるので確認しましょう。

国民年金は2017年現在で月額15,590円×12か月=187,080円が年間で支払わなければいけない額になります。

起業する前に費用の計算を行っておき、生活に支障をきたさないようにしましょう。

免除制度などもありますので、起業したてで、利益が、なかなか上がらない場合などは、

所得に応じて、免除制度などがありますので、国民年金のHPで確認し、

滞納して、差し押さえなどされないようにしっかりと制度を理解しておく必要があります。

年金の用紙が届いても不用意に支払わず、免除が適用されるかしっかりと確認し、

免除できるのであれば、しっかりと申請する、国民健康保健に関しても、

親がまだ生きているうちは、扶養に入ることもできますので、

じっくりと、ライフプランを立てて起業することをお勧めします。

多くの、情報起業化などが、嫌なら会社を辞めた方がいいなどと言いますが、

若干勧誘的な要素もあるかと思いますので、勢いで社会を飛び出すのではなく、

足元を固めてまえに進むべきでしょう。

 

 

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。