稼ぐために必要な考え方

 

 プラットフォームビジネスを控え、DRMを実践する事です。

DRMとは、、、?

 DRM=ダイレクトレスポンスマーケティングの略で、顧客リストを集めて→顧客と関係を築いて→リストに繰り返し販売するこの、一連の流れがDRMです、この一連の流れができてないとビジネスは長く継続することは難しくなってきます。しかし多くのネットビジネスのプレイヤーはプラットフォームビジネスに依存する傾向にあります。流行りに流されて、新しいビジネスを立ち上げては潰して、立ちあげては潰しての繰り返しになっています。頭ではわかっていても中々難しいのがDRMです。まずしっかりとした商品が必要ですし、集客、販売、ブランディング、ターゲッティング、コピーライティングなど、手を抜くと顧客が逃げていきます。

プラットフォーム販売の簡単な例を挙げると、

  1. ヤフーやアマゾンなどを使って販売を行う
  2. you tubeやニコニコ動画など動画配信で稼ぐ
  3. ASPに登録して、アフィリエイトで稼ぐなどです

メリットは、他の企業が、集客を行ってくれるので、集客に手間がかからない事です。

逆にデメリットは、そのプラットフォームがなくなったり、規約変更、違反などで、いきなり収益が落ちこむというリスクがあります。

DRMとは、、、

集客はコンテンツの蓄積によって検索エンジン、ソーシャルメディア、リスティング広告などを駆使して独自で人を集め、無料商材などを使ってリストを作る必要があります。これが第一段階で、次にそこから、すぐに販売するのではなくメールや最近ではLINEなどで、顧客(リスト)との関係性を構築するステップに進んでいき、セールスを行います。ステップメールなどを使い自動化させることも可能です。

 

 

 

 

広告


カテゴリー:ヒーリング

タグ:, , , , , , , , , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。